体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

体脂肪率と肥満の関係

 

最近はダイエットブームと言うこともあり、多くの人がダイエットをしています。

 

そのダイエットの多くは体重を減らすことを重点的に考えたものですが、見た目はスリムでも、体脂肪率を測ってみると、体脂肪率が高い人が多くなっているのです。

 

体重がそれほどなくても、30歳未満の女性の場合、体脂肪が30%以上の場合は肥満となってしまいます。

 

ダイエットをしようと思うと、体重を減らすことばかりを考えがちです。

 

しかし、重要なのは皮下脂肪や内臓脂肪などの体脂肪量なのです。

 

体脂肪率は、これまでなかなか自分では測れませんでしたが、最近は体重計に体脂肪計がついているものも多く普及しているので、自宅でも簡単に体脂肪率が測れるようになって来ました。

 

肥満を解消しようとダイエットをする時には、体脂肪率を減らすようにすることが大切です。

 

体脂肪率を減らすには、有酸素運動が効果的です。

 

ウォーキングや自転車、ヨガなどの有酸素運動は、20分以上行うことで脂肪をエネルギーとして燃焼してくれるのです。

 

体脂肪率の適正値は、年齢や性別によって違ってきます。

 

まずは自分の体脂肪の適正値を知り、その範囲内を保つようにしたいものです。

 

体脂肪は、多すぎると肥満ですが、少なすぎてもホルモンバランスを崩してしまったり、体に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

体脂肪は、減らせば良いと言うものではないことを覚えておきましょう。