体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

理想の体脂肪率はどれくらいですか?

 

体脂肪率は高いと肥満とされ、生活習慣病の原因になると言われています。

 

生活習慣病は、完治が難しい病気なので、生活習慣病にならないように気をつけたいものです。

 

そのためには、体脂肪率を下げる必要がありますが、体脂肪率は低ければ低いほどいいと言い訳ではありません。

 

体脂肪率には、理想的な数値があり、それは性別や年齢によって変わってきます。

 

体脂肪率が低すぎると、体温調節がうまくいかなかったり、女性の場合だと生理不順になってしまうこともあります。

 

ですから、体脂肪率は適正値を保つようにしましょう。

 

まず、女性の場合、30歳未満の人は、17%〜24%が適正で、30歳以上になると20%〜27%が適正値です。

 

どちらも体脂肪率が30%以上となると肥満とされるようです。

 

そして、男性の場合、30歳未満であれば、14%〜20%が適正で、30歳以上であれば、17%〜23%が適正値です。

 

男性の場合には、25%以上が肥満とされるようです。

 

理想の体脂肪率は、年齢、性別に合わせた適正値の範囲内と言うことになります。

 

最近は見た目はスリムでも体脂肪率の高い隠れ肥満が増えているので、体重よりも体脂肪率に気をつけるようにした方が良さそうです。

 

理想の体脂肪率で、美しい体型と健康な体を手に入れましょう。