体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

体重は標準なのに体脂肪率が標準以上ある場合の原因は何ですか?

 

見た目はスリムで、体重も標準。

 

一見何の問題もなさそうですが、体脂肪率を測ってみると、体脂肪率が標準を超えている。

 

そんな人を隠れ肥満と言います。

 

隠れ肥満の人は、見た目にはわかりませんが、内臓脂肪がびっしりと付いているのです。

 

見た目や体重ではわからなくても、体脂肪率が高いと、それは肥満と診断され生活習慣病の原因になると言われています。

 

では、隠れ肥満の原因は何なのでしょうか?

 

隠れ肥満の原因と言われているのは、偏った食事と運動不足です。

 

ダイエットをしようと思って、無理な食事制限をしたり、偏った食事をしていると、筋肉が衰えてしまいます。

 

筋肉量が減ると体脂肪率が高くなってしまうのです。

 

偏食をしてカロリーの高いものばかりを食べるのも、カロリーの摂り過ぎになり、体に蓄えられて体脂肪を増やしてしまうことになります。

 

また、運動不足でも筋肉が衰え、脂肪がつきやすくなります。

 

それ以外にも、ダイエットのリバウンドを繰り返すことで太りやすい体質になります。

 

また、遺伝的な問題がある場合もあります。

 

いずれにせよ、隠れ肥満を防ぐためには、バランスの良い食事と適度な運動を取り入れることが大切です。

 

そして、ストレスを溜めているのも体脂肪率が高くなりやすい原因です。

 

ストレス社会といわれる現代。

 

全くストレスを溜めないと言うのは難しいですが、ストレスを上手に発散できるように、発散方法を見つけたいですね。