体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

スポーツ選手の体脂肪率はどれくらいですか?

 

スポーツ選手は、体を鍛えるために色々な運動を取り入れていることでしょう。

 

体つきを見ると、引き締まり、脂肪は全くないようなイメージがあります。

 

スポーツの種類や、男性女性でも体脂肪率は違ってくるでしょうけれども、スポーツ選手の体脂肪率と言うのは、どれくらいなのでしょうか?

 

例えば、現在はインテルに所属し、サッカー日本代表で、不動の左サイドとして活躍中の長友選手の体脂肪は、W杯前は5%を切っていたようです。

 

ただし、現在は正確な数値はわからないようです。

 

体脂肪率が低いと、体力がなさそ言うなイメージがありますが、長友選手は1試合に15キロ程度を走り続けています。

 

体脂肪率が低いと持久力がないと言うのは、必ずしも正しいわけではなく、スポーツの分野では、体脂肪率が低いと持久力があると言われているようです。

 

スポーツ選手は、体の様々な部分を鍛えているので、筋肉もしっかりとついていて、代謝も良くなっています。

 

ですから、体脂肪が消費されやすくなっているので、体脂肪率が低くなっているのでしょう。

 

スポーツ選手の体脂肪率は、一般の人の体脂肪率とはちょっと違うのでしょう。

 

体脂肪計では、アスリート用の計測もできるものがあると言うことですから、スポーツ選手の5%と一般的な人の5%では、全く違ってくるようです。