体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

体脂肪率とお腹周りの関係

 

体脂肪と言う言葉は、かなり知られるようになって来ましたね。

 

体脂肪計がある家も多くなり、自分で手軽に体脂肪率を測れるようにもなってきました。

 

体脂肪率と言うのは、体脂肪がどれだけ体についているのかという割合なのですが、そもそも体脂肪とはなんなのでしょうか。

 

体脂肪には、内臓脂肪と皮下脂肪があります。

 

内臓脂肪と言うのは、名前からわかるように内蔵の周りについている脂肪のことです。

 

見た目ではどれだけ内臓脂肪が付いているかと言うことが判らない場合もあります。

 

見た目はスリムなのに内臓脂肪がたっぷりついている人を隠れ肥満と言います。

 

メタボリック診断では、体脂肪率だけではなく、お腹周りも測ります。

 

内臓脂肪が多い人は、お腹周りがふっくらとしがちになります。

 

一方、皮下脂肪と言うのは、見た目にわかる脂肪です。

 

手でつかむことができるので、その厚さで脂肪の量を測ることもできるようです。

 

皮下脂肪は体の色々な部分につきやすいのですが、お腹周りにもつきやすくなっています。

 

皮下脂肪は、女性に付きやすいと言われています。

 

皮下脂肪は、つきやすくて取れにくいと言う困った性質です。

 

年齢を重ねると代謝が落ちてくるので、脂肪がつきやすくなります。

 

内臓脂肪はお腹の中につきますし、皮下脂肪はお腹周りにつきやすいので、お腹周りがふっくらとしてくるのです。

 

代謝は筋肉が衰えることで悪くなります。

 

筋肉が衰えないようにすることで、体脂肪がつきにくくなります。