体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

アスリート選手の体脂肪率はどれくらいですか?

 

アスリートと言っても、色々なスポーツがあります。

 

サッカーや野球、相撲、陸上まで、色々なアスリートがいて、スポーツの種類によって、体の作り方も違ってきます。

 

ですから、その選手によっても、体脂肪率は全く違ってくるのですが、何人かアスリートの体脂肪率を紹介します。

 

まずは、ハンマー投げのメダリストでもある室伏広治選手です。

 

室伏広治選手の体脂肪率は、驚きの3%だそうです。

 

身長が187センチ、体重が99キロで体脂肪率が3%しかありません。

 

あのムキムキな体を見ると、体脂肪率が3%しかないと言うのもうなづけるかもしれません。

 

他には、ボクシングの亀田興毅さんの体脂肪率が5%で、サッカーの中村俊輔選手、野球のイチロー選手、フィギュアスケートの高橋大輔さんが5%だそうです。

 

女子フィギュアスケートの浅田真央さん、ハンドボールの宮崎大輔さんなどが7%だそうです。

 

女性でも体脂肪率10%以下のアスリートもいますが、やはり、体脂肪率が低いのは男性選手が多いようです。

 

アスリートと言われる人は、筋肉量が多くなるようなトレーニングを行っている人のことをいいます。

 

アスリートの体というのは、一般の人と比べて筋肉量も多いですし、骨格も太く、筋肉に含まれている水分量なども違います。

 

しっかりとトレーニング内容が考えられた中で行っているので、一般の人が体脂肪率が10%以下と言うのとは少し違うようです。

 

体脂肪率は低すぎると、体調に悪影響を及ぼすことがあります。

 

アスリートの体脂肪率とは比べず、体脂肪を減らしたい場合には無理をしないようにしましょう。