体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

体脂肪率とBMIの関係

 

ダイエットブームの今、色々なダイエット方法があり、ダイエットをしていると言う人はとても多いようです。

 

ダイエットをする時、何を重要視していますか?

 

多くの人は体重を減らすことを目的としているでしょう。

 

しかし、大切なのは体重ではなく、体脂肪を減らすことだと言われています。

 

体脂肪と言うのは、体の中に蓄えられている脂肪のことで、体脂肪率は体に対してどれだけ体脂肪が付いているのかと言う割合です。

 

ですから、見た目はスリムに見えても、体脂肪率が高いと言うようなこともありえるのです。

 

体脂肪率は、体脂肪の割合から肥満度を測定します。

 

それに対してBMIと言うのは、身長と体重のバランスで肥満度を計算します。

 

しかし、それだけでは正しい肥満度が分らない場合もあります。

 

と言うのも、筋肉は重いので、筋肉質の人は体重が重くなります。

 

そうなると、BMIの計算では、太っていると言われることもあります。

 

また、その逆に見た目は痩せているのに、内臓脂肪の多い隠れ肥満の人でも、痩せていると言うことになってしまうのです。

 

BMIはダイエットの目安にはなりますが、体のためには、体脂肪率を適正値に保ちたいので、体脂肪率をダイエットの目安にする方がいいようです。

 

最近、増えている隠れ肥満の人は、体重だけを落としても、簡単には体脂肪は減らせません。

 

バランスのよい食事と適度な運動で、体脂肪が増えすぎないように心がけましょう。