体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

体脂肪率と病気の関係

 

体脂肪率と言うのは、体についている脂肪の割合です。

 

最近は見た目は痩せているのに、体脂肪率が高い隠れ肥満の人が増えています。

 

体脂肪は見た目には見えなくても、数字としてはしっかりと出てくるものなので、体脂肪率を量り、適正値を保つように心がけましょう。

 

体脂肪率には、性別や年齢によって適正値が違います。

 

適正値よりも高すぎても低すぎても、体に悪影響を及ぼします。

 

体脂肪率が適正値よりも低いと、風邪を引きやすいと言われます。

 

また、ホルモンバランスが崩れやすくなるので、女性なら生理不順になってしまうことも考えられます。

 

そして、体脂肪率が高いと、様々な病気の原因になりやすいのです。

 

体脂肪率が高いと言うことは、脂肪が多いと言うことです。

 

中性脂肪なども高いことが予想されるので、そうなると糖尿病や動脈硬化、高血圧症、高脂血症などの生活習慣病を引き起こしやすくなるのです。

 

生活習慣病と言うのは、一度かかってしまうと完治させるのが難しい病気です。

 

ですから、生涯付き合っていくことになってしまうので、生活習慣病にならないように心がけたいですね。

 

それには、食生活や生活習慣を整えて、適度な運動を取り入れることがオススメです。

 

体型のためにも、体の健康のためにも、体脂肪率は適正値を保つようにしましょう。

 

まずは自分の体脂肪率の適正値を知ることが大切です。