体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

体脂肪率と遺伝子の関係

 

親子は色々な部分が似ています。

 

顔だけではなく、体質や性格など、目に見えない部分も似ていることがあり、不思議だなーと感じてしまいますよね。

 

親子が似いているのは、遺伝子が関係しているです。

 

そんな遺伝子は肥満にも関係があるのです。

 

体脂肪も遺伝が関係しています。

 

両親、または両親のどちらかが肥満体型であった場合、その子供も肥満になる確率が高いのです。

 

人の体は、最適な体重と言うものがあり、その最適な体重は遺伝子で決められているのです。

 

ですから、肥満であっても、遺伝子でその体重や体脂肪が最適ならば、体が最適な体重や体脂肪を保とうとするのです。

 

肥満になりやすい遺伝子を持っているとしたら、肥満にならないようにするためには、他の人よりもできるだけカロリー摂取を少なくしたり、運動を積極的に取り入れたりする必要があります。

 

ダイエットをしても、効果が人それぞれ違うと言うのは、この遺伝子も関係しているのでしょうね。

 

このように、体脂肪率と肥満は関係がありますが、肥満になりやすい遺伝子があるからと言って、全ての人が肥満になると言うわけではありません。

 

肥満になりやすい遺伝子があっても、結局は自分の意思でコントロールできるからです。

 

もし体脂肪率が高くても、遺伝子のせいだけにせずに、体脂肪を減らす努力をしましょう。

 

体脂肪率が高くなりやすい遺伝子があってもなくても、適正値は変わりません。

 

体のためにも、体脂肪率は自分の適正値を保つように心がけましょう。