体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

体脂肪率と皮下脂肪の関係

 

体脂肪と言うのは、内臓脂肪と皮下脂肪に分けられます。

 

体脂肪率と言うのは、この内臓脂肪と皮下脂肪が体にどれだけついているかと言う割合です。

 

内臓脂肪と言うのは、内臓周りにつく脂肪なのですが、皮下脂肪と言うのは、名前の通り、皮膚の下についている脂肪のことを言います。

 

お腹をつまんでみるとつまめるお肉が皮下脂肪です。

 

皮下脂肪は、減らしたいのになかなか減らない脂肪です。

 

皮下脂肪は、女性の大きな悩みになっているでしょう。

 

皮下脂肪は女性につきやすい脂肪で、つきやすくて取れにくいと言う困った性質があります。

 

もちろん、皮下脂肪が多いと、体脂肪率も高くなります。

 

皮下脂肪には、体温調節をしたり、衝撃から体を守ると言う必要不可欠な働きもあるのですが、つきすぎは肥満の元になってしまいます。

 

体脂肪を減らすためには、皮下脂肪も落とす必要があるのです。

 

皮下脂肪を落とすためには、有酸素運動が効果的です。

 

20分までは糖がエネルギーとして使われますが、それ以降は体脂肪がエネルギーとして使われるので、有酸素運動は20分以上行うようにしましょう。

 

有酸素運動は脂肪を燃焼させてくれますが、無酸素運動は代謝をアップさせる効果があるので、脂肪燃焼効果を高めてくれます。

 

無酸素運動と言うのは筋肉を鍛える運動なので、筋トレも取り入れるといいでしょう。

 

皮下脂肪は落としにくいので、継続的に有酸素運動を行うことが大切です。