体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

体脂肪率と睡眠時間の関係

 

ダイエットには、栄養バランスを整えたり、適度な運動をする他に、生活習慣を整えることも大切になってくると言われています。

 

生活習慣を整える中でも、睡眠時間をしっかりと取ることが大切です。

 

体脂肪を減らすためには、たっぷり睡眠を取った方がいいのです。

 

睡眠不足になると、無意識にストレスが溜まってしまいます。

 

ストレスが溜まってしまうと、体脂肪や体重を落としにくくなってしまいます。

 

また、ストレスが溜まることで、そのストレスを発散しようと、食欲に走ってしまうことが多いのです。

 

食べることで心のバランスを整えようとするのです。

 

これも無意識のことが多く、コントロールするのはなかなか難しいようです。

 

これは研究結果にも出ていて、睡眠時間が4時間の人は、7時間眠っている人に比べてると、70%も太りやすくなっていると言われています。

 

かなり高い数字に驚いてしまいますね。

 

もちろん、全ての人に当てはまることではありません。

 

ストレスが溜まると、逆に食事が喉を通らなくなる人もいるでしょう。

 

しかし、体脂肪率と睡眠時間は大きな関係があると言うのは事実です。

 

睡眠を取って体がしっかりと休まると、しっかりと体が動かせるので、活発に動くことができるでしょう。

 

そのため消費カロリーもアップすることが考えられます。

 

体の健康のためにも、睡眠はしっかりと取りましょう。