体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

体脂肪率を正しく測るための時間帯

 

体脂肪率は、体脂肪計で簡単に測ることが出来るようになりました。

 

体脂肪計が家にある人も増えたのではないでしょうか。

 

体脂肪率は、体に対して体脂肪がどれだけあるかと言う割合なのですが、測り方によっては誤差が出やすいものです。

 

ですから、体脂肪率は正しく測るようにしましょう。

 

体脂肪率を測る時には、まず足の裏を綺麗にして、裸足で測りましょう。

 

これは乗って測る体脂肪計の場合ですが、手で測るタイプなら、手を綺麗にしておきましょう。

 

次に、腕や足は伸ばして測るようにしましょう。

 

曲がった状態だと実際よりも多く計測されることがあるようです。

 

そして体脂肪率を測るタイミングですが、激しい運動の後や、食事の後すぐの計測は避けるようにしましょう。

 

運動後は汗をかいて水分が減っているので、電気が流れにくくなり、正確な体脂肪率が測りにくくなるようです。

 

食後すぐと言うのは、食べたものを消化するために水分が集まりやすくなっているため、実際よりも高い数値が出やすいようです。

 

食後は2時間は空けて測る事がおすすめです。

 

体脂肪率を正しく測る時間帯は、電気抵抗が少ない夕方以降がおすすめのようです。

 

また、毎日の体脂肪率の変化を知りたいのなら、毎日同じ時間で、同じ体脂肪計で測るようにしましょう。

 

そうしないと、誤差が出やすくなってしまいます。