体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

体脂肪率の計算方法

 

体脂肪率は、メタボリック症候群が注目されるようになったことなどで、よく知られるようになりました。

 

最近は家に体脂肪計があると言う人も多く、自分の体脂肪率を把握している人も多いようです。

 

体脂肪率と言うのは、内臓脂肪や皮下脂肪などの体脂肪が体にどれくらいついているかと言うことを表す率です。

 

体脂肪率は、体脂肪計があれば簡単に量ることができますが、体脂肪計がない時には、体脂肪率を出すことができる計算方法があります。

 

体脂肪率を出すには、まず、標準体重を出す必要があります。

 

標準体重は、身長×身長で出すことができます。

 

この時の単位はメートルです。

 

そして、標準体重を出したら、実際の体重−標準体重を出し、それを標準体重で割り、そこに100を掛けます。

 

これで体脂肪率を出すことができます。

 

この計算方法を知っていれば、体脂肪計がなくても体重計があれば、自分の体脂肪率を知ることができます。

 

体脂肪率の適正値は、年齢や性別によっても違ってきます。

 

自分の適性値を知り、適正値を保つように心がけましょう。

 

体脂肪を減らすのはなかなか大変です。

 

体脂肪が増えないように、食べ過ぎ飲みすぎに気をつけ、運動をして代謝をアップさせるようにしましょう。

 

有酸素運動は、脂肪燃焼効果があるので、体脂肪率を減らしたいのなら、有酸素運動を取り入れましょう。