体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

間食はしない

 

体脂肪率を減らしたいと思ったら、間食をしないことも大切です。

 

ダイエットをしている人にとっては、常識のようなことですよね。

 

体脂肪率を減らすためにも、間食はオススメできません。

 

間食で食べるようなおやつと言うのは、少しでもかなりカロリーが高いのです。

 

体脂肪と言うのは、摂取カロリーよりも消費カロリーが高いと、消費できなかったカロリーが蓄積されてできるのです。

 

ですから、余分なカロリー摂取は控えなくてはいけません。

 

しかし、間食はなかなか我慢できないと言う人もいるでしょう。

 

できるだけ間食しない方がいいのですが、我慢のし過ぎでストレスが溜まり、過食になってしまっては大変です。

 

ですから、どうしても間食をしたいと言う時には、カロリーオフのゼリーなど、低カロリーのものを食べるようにしましょう。

 

そして、洋菓子よりは和菓子の方が低カロリーです。

 

また、間食をする場合には、体脂肪として蓄積されにくいと言われている15時に食べるようにしましょう。

 

口が寂しくて間食が我慢できないと言う人は、シュガーレスのガムを食べるなど工夫をしてみましょう。

 

ガムを噛んでいる間、他のものを食べずにすみます。

 

もし間食をしてしまったと言う時には夕食のカロリーを少なくするなど、調節をするといいでしょう。

 

体脂肪率を減らすためには、できるだけストレスを溜めずに間食をしないようにしましょう。