体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

空腹時間を長くしない

 

体脂肪率が高すぎると、肥満だけではなく、生活習慣病の原因になるなど、体に色々な悪影響を及ぼします。

 

ですから、体脂肪率は自分の適正値を保つように心がけたいものです。

 

ダイエットをすると、体重のことばかり気にしてしまいますが、重要なのは体脂肪を減らすことです。

 

体脂肪を減らすためには、食事に気をつけたり、生活習慣を整えたり、運動を取り入れることが必要なのですが、空腹時間を長くしないことも大切です。

 

というのも、体は空腹時間が長くなると飢餓状態となり、脂肪を蓄えやすくなってしまうのです。

 

カロリーを消費しようと思っても、なかなか消費できない痩せにくい体になってしまいます。

 

体脂肪率を減らしたくて、食事を抜く人もいるでしょう。

 

朝食を抜くと言う人も多いのではないでしょうか?

 

そうすることで簡単に摂取カロリーを減らすことは出来ます。

 

しかし、体が脂肪を蓄えやすくなっているので、普通に食べると脂肪が蓄積されやすく、体脂肪として蓄えられてしまいます。

 

体脂肪を蓄えにくくするためには、空腹感を感じないように食事をすることが大切です。

 

本当は少量づつを何度かに分けて、食事を摂った方が良いと言われています。

 

食事の回数を1日6回に分けると言うダイエットもあるくいらいです。

 

しかし、仕事をしているなどで、それが大変と言う人も多いですよね。

 

そんな人はヘルシーな食事を3食しっかりと摂るといいでしょう。