体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

高タンパクで低カロリーの食事をする

 

欧米では、お肉をいくらでも食べられるダイエットが人気だそうです。

 

お肉はダイエットには向いていない食材のようなイメージがありますが、ダイエットにもお肉は必要です。

 

お肉は、たんぱく質になります。

 

たんぱく質と言うのは、体を作るために必要な栄養素です。

 

ダイエットで食事制限をすると、カロリーを抑えられても、筋肉が落ちやすくなっています。

 

筋肉が落ちると、基礎代謝が落ちてしまうので、痩せにくい体になってしまうのです。

 

ですから、体脂肪を減らしたくてもなかなか減らなくなってしまうのです。

 

体脂肪を減らすためには、高タンパクで低カロリーの食事がオススメです。

 

もちろん、お肉もたんぱく質ですが、低カロリーかと言うと、そうではないものも多くあります。

 

お肉で低カロリーなのは、鳥のささみ肉です。

 

それ以外のお肉も、脂身を取り除くことでカロリーを減らすことはできます。

 

また、蒸したりグリルで焼くことで、余分な油を落とすこともできます。

 

たんぱく質は、お肉だけではありません。

 

魚も良質なたんぱく質です。

 

青魚は脂身が多いので、白身の魚が低カロリーです。

 

鳥のささみや白身魚を蒸すと、さらに低カロリーですね。

 

お肉やお魚以外では、豆腐もたんぱく質が豊富です。

 

豆腐も低カロリーなので、ダイエットにはオススメの食品の1つです。

 

たんぱく質で筋肉を衰えないようにして、低カロリーで摂取カロリーを抑えることがオススメですよ。