体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

グリセミック指数の低い食品を摂る

 

ダイエットには色々な方法がありますが、その中で低インシュリンダイエットと言う方法を聞いたことがありませんか?

 

低インシュリンダイエットと言うのは、GI値の低い食品を選んで食べると言うダイエット法なのですが、そのGI値と言うのがグリセミック指数のことです。

 

グリセミック指数と言うとあまり聞き馴染みがありませんが、GI値なら聞いたことがあると言う人も多いのではないでしょうか?

 

低インシュリンダイエットと言うのは、カロリーを抑えるダイエット法ではありません。

 

カロリーではなく、インシュリンを抑える食品を選んで食べると言うダイエット方法です。

 

インシュリンが多く分泌されると血糖値が高くなり、脂肪が合成され、脂肪が燃焼されにくくなるのです。

 

インシュリンの分泌を抑えるグリセミック指数の高い食品を摂ることで、糖が脂肪細胞へ運ばれにくくなり、脂肪が燃焼されやすくなります。

 

体脂肪率を下げるためには、脂肪を燃焼しなくてはいけません。

 

ですから、グリセミック指数の低い食品を摂ることは、体脂肪率を下げる効果があるのです。

 

炭水化物は、グリセミック指数が高いものが多いので注意しなくてはいけません。

 

グリセミック指数が低いのは、そばや玄米、シリアルなどです。

 

白米やうどん、フランスパンなどは控えたほうがいいでしょう。

 

また、野菜やきのこ類はグリセミック指数が低いものが多いのですが、ジャガイモやかぼちゃ、にんじんなどはグリセミック指数が高いので控えるようにしましょう。

 

ダイエットにはお肉は控えた方が良いのではないかと思ってしまいますが、お肉類もグリセミック指数が低い食品なので食べることができます。