体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

油の使用は控える

 

体脂肪は、摂取カロリーが消費カロリーよりも多くなり、残ってしまったカロリーが脂肪として蓄積されたものです。

 

ですから、体脂肪を落とすことも必要なのですが、基本は体脂肪を増やさないことです。

 

それには、摂取カロリーを控えることが必要です。

 

といっても、食事量を極端に減らすと言うのは、なかなか難しいものです。

 

しかし、小さいことを取り入れていくだけでも、摂取カロリーを減らすことにつながります。

 

食事の中でもカロリーが高いのが油です。

 

油の使用を控えるだけでも、カロリーを減らすことができるのです。

 

油を減らすためには、調理法に気をつけてみましょう。

 

揚げ物と言うのは、衣にたっぷりと油が吸い込むので、オススメできない調理法です。

 

どうしても揚げ物をしたい時には、パン粉を細かくして油を吸い込みにくくしてから揚げましょう。

 

てんぷらなどは、衣を取って食べるといいでしょう。

 

油を使わない調理法は、蒸し料理です。

 

蒸し器がなくてもフライパンや電子レンジを使えば簡単に蒸し料理ができますよ。

 

お肉や魚などは、グリルで焼くのもオススメです。

 

グリルで焼けば油を使わないだけではなく、余分な油も落とすことができます。

 

フライパンで焼く時には、お肉や魚から出た余分な油は、キッチンペーパーなどでこまめに拭き取りましょう。

 

炒め物をする時には、フライパンに引く油を最小限に抑えたいですね。

 

油はキッチンペーパーで塗るようにしたり、スプレータイプにすると使用量が抑えられます。

 

また、テフロン加工などの油がくっつきにくいフライパンを使用するのもオススメですよ。