体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

外食や加工食品、インスタント食品は控える

 

外食や加工食品、インスタント食品は、手軽に食べることができ、忙しい現代人の強い味方です。

 

しかし、体脂肪率を下げたい人にとっては、避けたほうがいいようです。

 

外食は、高カロリーなものが多く、野菜が不足しがちです。

 

1食を外食にするだけで、1日に必要な摂取カロリーの半分以上を摂ってしまうこともあります。

 

また、野菜が不足しているので、食物繊維なども不足してしまいます。

 

そして、加工食品やインスタント食品も、カロリーの高いものが多く、添加物が含まれています。

 

色をよく見せるための着色料だったり、長持ちさせるための保存料だったり色々と入っています。

 

添加物と言うのは、体の代謝を悪くさせてしまうので、体脂肪率を下げたいと思っているのなら、できるだけ控えたほうがよさそうです。

 

ただ、添加物を全く食べないと言うのは、現代では難しいですよね。

 

しかし、添加物を摂らないように意識するだけでも、添加物の量を減らすことにつながります。

 

普段からカップラーメンやコンビニ弁当などは食べないようにし、外食も控えるようにしてみましょう。

 

家で作った食事は手間はかかりますが、添加物も入らないですし、野菜をたっぷり使ったり、カロリーもコントロールできます。

 

体脂肪率を下げたい人は、できるだけ自炊をするようにし、栄養バランスの取れたヘルシーな食事を心がけましょう。