体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

動物性脂肪を減らした食事をする

 

体脂肪と言うのは、体についている脂肪のことです。

 

体脂肪が多いのは、消費カロリーよりも摂取カロリーが多くなり、消費されなかったカロリーが蓄積されている状態です。

 

ですから、体脂肪率を下げるためは、まずカロリーを摂り過ぎず、体脂肪を増やさないことが大切です。

 

それには、食事に気をつける必要があります。

 

低カロリーな食事にするとか、食物繊維を豊富に摂るようにするなどと言うこともありますが、動物性脂肪を減らした食事をすると言うことも、体脂肪率を下げるために効果的です。

 

脂肪を作っている脂肪酸には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があります。

 

動物性脂肪と言うのは飽和脂肪酸が多く、摂りすぎてしまうとコレステロールが合成するのを進め、血中コレステロールを高めてしまうのです。

 

動物性脂肪には貧血を予防したり、血管を守ったり、植物性たんぱく質から摂ることができない栄養素を摂ったりと、必要なものでもあります。

 

しかし、過剰に摂取してしまうことで、動脈硬化や高脂血症の原因にもなりやすいのです。

 

コレステロールは、中性脂肪の仲間です。

 

ですから、コレステロールを多く摂取すると言うことは、体脂肪が蓄積しやすくなってしまうのです。

 

動物性脂肪は体には多少必要なものではありますが、体脂肪率を下げるためにも、健康のためにも、動物性脂肪を減らした食事をした方がいいでしょう。