体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

食事中は時間をかけよく噛んで食べる

 

ダイエットをしている人は、体重を減らすことばかりを考えてしまいます。

 

しかし、大切なのは体脂肪率を下げることです。

 

体脂肪は体についている脂肪のことです。

 

いくら体重を減らしても、脂肪がついているままじゃいけませんよね。

 

体脂肪率を下げるには、これ以上体脂肪を増やさないことが基本となります。

 

そのためには、食事方法も気をつけたいことがあります。

 

その中の一つに、よく噛んで時間をかけて食べると言うことがあります。

 

よく噛んで食べることで、消化がよくなるだけではなく、満腹中枢も刺激され、少しの量でも満腹感を感じられるようになります。

 

時間をかけて食べることも、満腹感へとつながり、食べすぎを防いでくれるのです。

 

早食いは太りやすいって言いますよね。

 

よく噛んで食べると言っても、どれだけ噛めばいいのかわからないかと思います。

 

一番良いと言われるのは、1回に200回噛むというものです。

 

しかし、そんなに噛むと言うのはかなり大変です。

 

ですから、いつもの3倍噛むように心がけるといいようです。

 

良く噛んで食べると言うことは、時間をかけて食べると言うことにもつながります。

 

自分は普段どれくらい噛んでいるのかと言うことをまず知ることが大切となります。

 

食事制限をするのは、ストレスがかかってしまうこともあります。

 

よく噛んで時間をかけて食べることで、無理なく食事量を減らすことができるでしょう。