体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

夜遅い食事は避ける

 

体脂肪率を下げたいのなら、食事内容にも気をつけたいですが、食事方法にも気をつけたいことがあります。

 

その中の一つが、夜遅い時間の食事は避けると言うことです。

 

このことは、ダイエットをしたことがある人なら常識と言うくらい、よく知られていますよね。

 

では、どうして、夜遅くに食事をするのは良くないのでしょうか?

 

まず、夜はカロリー消費が少ないことがあります。

 

夜ご飯を食べたら、多くの場合、お風呂に入って寝ると言うような感じではないでしょうか。

 

夜は運動量が少ないので、消費カロリーも少なくなります。

 

ですから、夜遅く食べてしまうと、そのカロリーが消費されにくくなります。

 

そして、もう1つの理由が、22時から朝の2時が一番体脂肪がつきやすい時間帯だからです。

 

体の中では、BMAL1と言う特別なたんぱく質が作られています。

 

このBMAL1は、体内時計のリセットなどの大切な役割がありますが、脂肪を蓄える働きもあるのです。

 

BMAL1が一番作られる時間帯と言うのが22時から朝の2時で、その時間が脂肪を蓄えやすいと言うことで、食事をするのは避けた方が良いと言われています。

 

また、寝る時間の4時間前には食事を終わらせておきたいので、少し早いように感じるかもしれませんが、できれば18時から19時くらいに夕食を済ませておくのがベストです。