体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

アルコールは適量にする

 

ダイエットをしている時は、アルコールは摂らない方がいいと言われますよね。

 

体脂肪率を下げたい時も、もちろん同じです。

 

といっても、アルコール自体のカロリーはそれほど重要ではありません。

 

アルコールのカロリーは、エンプティーカロリーと言われていて、摂取しても体脂肪にはならないのです。

 

体脂肪となるのは糖分です。

 

カクテルや梅酒などには、糖分が多く含まれているので、ジュースを飲んでいるのと同じです。

 

ですから、アルコールの中でも糖分の多いものは、できるだけ控えるようにしましょう。

 

また、アルコールを飲んだ時にはおつまみも食べるでしょう。

 

お酒に合うおつまみと言うのは、揚げ物や炒め物など高カロリーなものが多いのです。

 

お酒を飲むと、アルコールのカロリーよりも、おつまみのカロリーが体脂肪の素となってしまっていることが多いようです。

 

しかし、空腹のままお酒を飲むと体に良くないので、おつまみを食べる時には、枝豆や冷奴、お刺身、サラダなど、低カロリーなものを選んで食べるようにするといいでしょう。

 

そして、お酒を飲むと満腹感を感じにくくなってしまい、食べ過ぎてしまうこともあるようです。

 

甘いお酒以外はそれほど体脂肪を増やすことにはつながらなさそうですが、お酒を飲んだ時のおつまみには気をつけるようにしましょう。

 

お酒の後のラーメンは厳禁です。