体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

レジスタンストレーニングで体脂肪率を下げる

 

ダイエットをしていても、なかなか効果が出ないと感じていませんか?

 

それは代謝が悪いのかもしれません。

 

ダイエットをしようと思うと、食事を制限する人が多いと思います。

 

そうすると筋肉が落ちてしまい、基礎代謝が悪くなってしまいます。

 

基礎代謝が落ちると、脂肪が燃焼しにくくなってしまい、なかなか体脂肪が落ちなくなるのです。

 

せっかく食事制限や運動をしても、なかなか効果が無いのならモチベーションも下がってしまいますよね。

 

代謝が悪いと感じたら、筋肉を鍛えましょう。

 

その方法の1つにレジスタンストレーニングがあります。

 

レジスタンストレーニングと言うのは、ダンベルやトレーニングマシーンなどを使って筋肉に負荷を与え、筋肉を鍛えると言うものです。

 

レジスタンストレーニングには色々なメニューがありますが、右腕を鍛えたら左腕も、上半身を鍛えたら下半身と言うように、バランスよく鍛える必要があるようです。

 

有酸素運動はほぼ毎日行う方が良いと言われていますが、レジスタンストレーニングは、2日〜3日おきにすることが効果的のようです。

 

適度な休養を与えることで、筋肉が成長するようです。

 

レジスタンストレーニングを行い筋肉を鍛えることで代謝がアップします。

 

代謝が上がると、何もしなくても脂肪が燃焼しやすくなり痩せやすい体になっています。

 

その状態でウォーキングなどの有酸素運動を取り入れることで、体脂肪率を下げる効果を高めてくれます。