体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

ウォーキングで体脂肪率を下げる

 

体脂肪率を下げるために効果的なのが有酸素運動です。

 

有酸素運動にも色々ありますが、一番ポピュラーなのがウォーキングですね。

 

ウォーキングは、誰でも簡単に出来る有酸素運動として人気ですが、正しい方法で行うことで効果をアップさせるだけではなく、体へかかる負担も軽減できます。

 

まず、かかとから着地して、つま先から蹴り出すと言う歩き方が基本です。

 

膝はできるだけ曲げずに伸ばして、腕は大きく振るようにしましょう。

 

歩幅はいつもより少し広めを心がけるようにし、リズムよく歩きます。

 

また、スピードも大切で、遅すぎでは効果が得にくいので、息が少し弾むくらいのスピードで行うようにしましょう。

 

ウォーキングをするのに適した時間帯もあります。

 

オススメなのは早朝ウォーキングです。

 

朝早くからウォーキングをすることで、脳がすっきりと目覚め、気分もリフレッシュできます。

 

しかし、早朝ウォーキングには注意点があります。

 

それは、空腹で歩かないと言うことです。

 

空腹の時は血糖値が下がっている状態です。

 

そのまま歩いてしまうと、めまいや体調不良を起こしてしまうことがあります。

 

ですから、ウォーキングの前には、バナナやヨーグルトなどの消化のいいものを食べることがオススメです。

 

また、目ざめてすぐ歩くのではなく、目覚めてから1時間ほどたってから始めるようにしましょう。

 

ウォーキングの前に軽くストレッチをするのもオススメです。

 

自分の体調に合わせ、楽しくウォーキングをして体脂肪を落としたいですね。