体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

ゴロ寝ストレッチで体脂肪率を下げる

 

体脂肪率を下げるには、有酸素運動が効果的と言われています。

 

しかし、運動があまり好きではないので、運動はしたくない、なかなか続かないと言う人もいるのではないでしょうか?

 

寝ているだけで体脂肪が減ったらいいのにと思いますよね。

 

そんな簡単には体脂肪率は下げられないと思っていましたが、簡単に体脂肪率を下げる方法があるみたいです。

 

それが、ゴロ寝ストレッチです。

 

ただ寝ているだけはありませんが、ウォーキングやジョギングのように、活発に体を動かすと言うものではないようです。

 

ゴロ寝ストレッチは、テレビでも紹介され話題になったダイエット方法です。

 

開発したのは、骨格3分ストレッチなどの著者である久永 陽介(サニー久永)先生です。

 

ゴロ寝ストレッチのやり方は簡単です。

 

バスタオルを2枚重ねて丸めたものを、骨盤の下に敷いて寝転がります。

 

左足をまげて床の方向に右手で引っ張りながら、深呼吸を3回します。

 

右足も同じように行います。

 

もう1つは、膝を立てて座り、左足を右足の上に組みます。

 

右側に倒して深呼吸を3回行います。

 

これを反対も繰り返します。

 

このような簡単なストレッチを行うだけなのですが、くびれを作ることができ、骨格が整うので代謝がアップする効果があります。

 

運動が苦手と言う人もストレッチなら続けられるのではないでしょうか。

 

実際に、ゴロ寝ストレッチを1週間続けた人は、ウエストが7センチほどくびれていましたよ。