体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

サーキットトレーニングで体脂肪率を下げる

 

サーキットトレーニングと言うのは、スクワットや腕立て伏せ、腹筋、つま先立ちなどの色々な運動を組み合わせて行うトレーニングです。

 

ウエイトレーニングのようにも思えますが、ウエイトトレーニングと違うのは、色々な運動を休憩なしで次々に行うことです。

 

休憩をせずに運動を行うことで、持続して体に負荷がかかり、筋力アップにつながるのです。

 

ウエイトトレーニングよりも負荷が軽いので、無理なく行えます。

 

多くのアスリートが行っているトレーニング法ですが、このサーキットトレーニングで筋肉を鍛えることにより、基礎代謝がアップします。

 

基礎代謝がアップすると、寝ているだけでも脂肪が燃焼しやすくなり、体脂肪率を下げる効果が期待できます。

 

脂肪燃焼効果が高まっているので、有酸素運動をすると効果的に脂肪が燃焼するので、体脂肪率を下げることができるでしょう。

 

サーキットトレーニングをしても代謝は上がりますが、体脂肪が減ると言うわけではありませんし、体脂肪が筋肉に変わるわけではありません。

 

また、筋肉を鍛えるとアスリートのように体がムキムキになるのではと心配になるかもしれませんが、そんな簡単にムキムキにはならないので安心してくださいね。

 

筋肉がつくことで一時的に少し体重が増えることもあるかもしれませんが、代謝が上がっているので、徐々に体重も減ってくるでしょう。