体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

体脂肪率が高くなる原因

 

体にどれくらいの脂肪が付いているかと言うことを表すのが体脂肪率です。

 

摂取カロリーが消費カロリーよりも多くなると、その余ったカロリーが蓄積されて体脂肪となります。

 

ですから、体脂肪率はカロリーを摂り過ぎることで高くなります。

 

体脂肪率が高くならない為には、食べ過ぎや飲みすぎに気をつけ、バランスの良い低カロリーの食事を心がけるといいでしょう。

 

その他に体脂肪率が高くなる原因は、基礎代謝量にあります。

 

基礎代謝量とは何もしなくても、脂肪が燃焼される量なのですが、この基礎代謝が低いとなかなか脂肪が燃焼されません。

 

基礎代謝は、筋肉がつく事でアップします。

 

中年太りと言うのは、筋肉が衰え基礎代謝量が落ちたことで、脂肪が燃焼されにくくなり起こるのです。

 

筋トレを取り入れて筋肉を鍛え、基礎代謝量をアップさせることで、体脂肪率が高くなりにくくなる効果があります。

 

また、体脂肪率が高くならないようにするには、体脂肪を減らせばいいのです。

 

体脂肪を減らすためには、基礎代謝だけではなく、有酸素運動を取り入れる必要があります。

 

有酸素運動は、始めは体の中の糖分をエネルギーとして使うのですが、20分以上有酸素運動を続けることで、脂肪をエネルギーとして使い始めます。

 

ですから、20分以上有酸素運動するのが効果的な方法です。

 

体脂肪を溜め込まずに消費していけば体脂肪率が高くなりません。

 

食べ過ぎ飲み過ぎに気をつけ、適度な運動を取り入れましょう。