体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

クロミウムと体脂肪率の関係

 

ダイエットに効果的な成分と言うと、脂肪を吸収しにくくするとか、糖を吸収しにくくしてくれるとか、脂肪を燃焼しやすくしてくれると言うものですが、クロミウムは少しタイプが違うものです。

 

クロミウムは、摂取された糖分を筋肉に運んでくれると言う働きを持っています。

 

ご飯やパンなどの炭水化物は消化されるとブドウ糖に変わります。

 

このブドウ糖が消費されずに余ってしまうと体脂肪として蓄積されてしまいます。

 

しかし、クロミウムはその糖を筋肉に運んできれて、筋肉がエネルギーとして使ってくれるので、体脂肪として蓄積されにくくなるのです。

 

また、クロミウムには、リバウンドをしにくくしたり、脂質の代謝を良くしたり、中性脂肪やコレステロールを正常にする働き、食欲を抑える働きもあるそうです。

 

クロミウムは、脂肪燃焼効果のあるサプリメントと一緒に摂ると、よりダイエット効果が期待できるようです。

 

このクロミウムを使ったダイエットはアメリカで多く行われていて、人気が衰えることがないダイエット法だそうです。

 

ただ、クロミウムを大量に摂取すると、亜鉛が吸収されるのを邪魔したり、鉄イオンと競合してしまうと言うような副作用も発表されています。

 

クロミウムを服用する時には、正しい量を守って服用しましょう。

 

たくさん飲んだからと言って、効果が上がると言うものでもありません。