体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

L−カルチニンと体脂肪率の関係

 

L−カルニチンと言うのは、体内で合成されるアミノ酸の一種です。

 

若いうちは体に必要な分が作られるのですが、年齢を重ねていくうちに作られる量が減り、不足しがちな成分です。

 

L−カルニチンは、脳を活性化したり脂肪の燃焼を促進する働きをしてくれます。

 

ですから、L−カルニチンが不足していると、脂肪がなかなか燃焼されずに体脂肪として蓄積されてしまうのです。

 

L−カルニチンの不足は、中年太りの原因の1つです。

 

L−カルニチンは、羊の肉に多く含まれる成分として一時期ブームになりましたが、毎日羊の肉ばかり食べるわけには行かないので、サプリメントなどで摂取するのが便利です。

 

最近はサプリメントや食品、ドリンク、化粧品などにもL−カルニチンが配合さています。

 

ダイエット効果があると言っても、ただL−カルニチンを摂取すると良いと言うわけではありません。

 

L−カルニチンは、有酸素運動と一緒に組み合わせることで効果を発揮するのです。

 

L−カルニチンを摂取してから、ウォーキングやジョギングなどを行うことで、体脂肪が燃焼されやすくなるのです。

 

また、L−カルニチンには疲労回復の効果もあるので、運動をしても疲れにくくなり、運動の効率もアップします。

 

コエンザイムQ10やアルファリポ酸と一緒にL−カルニチンを摂取すると、効果はさらにアップするようです。

 

L−カルニチンは安全性が高い成分なので、L−カルニチンを取り入れて、脂肪を燃焼しやすい体を作り、体脂肪を減らしましょう。