体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

L−オルニチンと体脂肪率の関係

 

L−オルニチンは、しじみなどの魚介類に含まれているアミノ酸です。

 

L−オルニチンには肝臓の解毒機能を高めてくれる働きがあり、二日酔いの日にしじみの味噌汁が良いと言うのは、この効果があるからです。

 

そして、L−オルニチンは二日酔いに効くだけではなく、ダイエットにも効果的な成分です。

 

L−オルニチンは、成長ホルモンの分泌を促進してくれる働きがあり、それは基礎代謝を上げてくれることにつながります。

 

基礎代謝が上がると、脂肪が燃焼しやすくなり、体脂肪率を下げてくれると言うわけです。

 

基礎代謝が高いと、何もしなくても脂肪が燃焼されやすくなっています。

 

ですから、寝ているだけでもダイエットができると言う状態になります。

 

そして、寝ている間と言うのは、成長ホルモンが出ているので、朝起きて30分くらいにL−オルニチンを摂取することで、運動のカロリーが消費されやすくなるそうです。

 

朝にL−オルニチンを摂取して、ウォーキングをするのは、かなり効果的と言うことになりますね。

 

通勤や通学、家事などでもカロリーは消費されるので、朝にL−オルニチンを摂取することはオススメです。

 

じじみや魚などの身近なものに含まれるL−オルニチンですが、食べ物だけでは少量しか摂取できません。

 

ですから、L−オルニチンを摂取するには、サプリメントがいいのかもしれませんね。

 

サプリメントならいつでもどこでも摂取できますし、持ち歩くこともできるので便利です。

 

しじみ○○個分の味噌汁と言うのも取り入れてみるといいでしょう。