体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

カプサイシンと体脂肪率の関係

 

韓国ブームの今、韓国の色々な商品が手軽に手に入るようになりました。

 

韓国の女性はスリムで美しいと言うイメージがありますが、それはカプサイシンの効果も手伝っているようです。

 

カプサイシンとは、唐辛子などに含まれる辛味成分です。

 

韓国はキムチやコチュジャンなど、唐辛子を使った料理が多く、カプサイシンを多く摂取しています。

 

カプサイシンは代謝をアップさせてくれる効果があり、脂肪燃焼の効果が高まるのです。

 

代謝が良いと何もしていなくても脂肪が燃焼されるので、体脂肪を減らしたい人には嬉しいですよね。

 

また、カプサイシンには体脂肪を分解してくれる効果もあるようなので、ダイエットにはぴったりの成分です。

 

カプサイシンは唐辛子を食べることで摂取できます。

 

キムチなどではなくても、味噌汁に唐辛子をふったり、炒め物などに加えても食べられます。

 

しかし、カプサイシンは刺激成分なので、辛いものが苦手と言う人や、胃腸が弱い人は胃を荒らしてしまうかもしれません。

 

胃腸が弱い人ではなくても、食べすぎは禁物です。

 

そんな場合には、サプリメントでカプサイシンを摂取する方法もあります。

 

サプリメントなら辛味を感じずに、代謝アップや体脂肪分解の効果を得ることができます。

 

カプサイシンを上手に取り入れて、効果的に体脂肪率を下げましょう。