体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

硫化アリルと体脂肪率の関係

 

たまねぎを切ると、つんとした刺激臭がしたり、切っているうちに涙が出てきたりしますね。

 

その刺激は、硫化アリルによるものです。

 

硫化アリルは、たまねぎ以外にも、ねぎやニンニクなどにも含まれていて、アリシンや、チオスルフィネートとも言われます。

 

硫化アリルは、血液をサラサラにしてくれる効果があることでよく知られていますが、中性脂肪やコレステロールを減らしてくれる効果もあり、体脂肪を減らすのに効果的な成分です。

 

また、血糖値の上昇も抑えてくれる効果も期待できます。

 

そして、血行を良くしてくれる効果もあります。

 

血行が良くなり体が温まることで脂肪燃焼の効果をアップすることができ、体脂肪率を下げるのに効果的です。

 

その結果、硫化アリルには、ダイエット効果が期待できるのです。

 

硫化アリルは、水のつけることで成分が流れ出てしまったり、熱を加えることでその成分が失われてしまいます。

 

ですから、たまねぎなどに含まれる硫化アリルを失わずに食べるには、水にあまりつけないようにしたり、加熱しすぎないようにすることが大切です。

 

加熱する時には、薄切りにしてから15分ほど置いておくと、成分が壊れにくくなるようです。

 

タマネギを生で食べる時には、15分ほど置いておくことで、硫化アリルの効果がさらにアップするようです。

 

効果的に硫化アリルを摂取し、体脂肪率を下げましょう。

 

デリケートな硫化アリルを上手に摂取しましょう。