体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

ドコサヘキサエン酸と体脂肪率の関係

 

いわしや秋刀魚、さば、ぶりなどの青魚は、頭を良くする成分が入っているとして、話題になりましたよね。

 

子供が産まれてからだけではなく、胎児の頃から影響を受け、さらに認知症の防止効果もあるようです。

 

その成分と言うのが、ドコサヘキサエン酸です。

 

ドコサヘキサエン酸は、不飽和脂肪酸です。

 

ドコサヘキサエン酸には、善玉コレステロールを下げずに、悪玉コレステロールを下げる働きや、中性脂肪を下げてくれる働きがあると言われています。

 

中性脂肪は蓄積されることで体脂肪となりますので、体脂肪が増えるのを防いでくれる成分と言うわけです。

 

厚生労働省でもドコサヘキサエン酸には中性脂肪を減らす効果があると認めており、特定保健用食品として認可しているようです。

 

ただ、青魚はカロリーも高いので食べ過ぎには気をつけたいですね。

 

カロリーを気にせず、ドコサヘキサエン酸を摂るなら、サプリメントがいいでしょう。

 

バランスのよい食事を心がけ、適度な運動をしながら、ドコサヘキサエン酸などの体脂肪を減らす効果が期待できる成分を取り入れることで、効果的に体脂肪率を下げることができるでしょう。

 

ただ、体脂肪率を下げてくれるからと言って、たくさん摂れば良いと言うものではありません。

 

サプリメントの場合は、特に量を守って服用するようにしましょう。

 

また、体の異変を感じた時には服用を中止し、医師に相談することをオススメします。