体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

エイコサペンタエン酸と体脂肪率の関係

 

エイコサペンタエン酸は、ドコサヘキサエン酸とともに、秋刀魚やいわし、さばなど、青魚に多く含まれている不飽和脂肪酸です。

 

エイコサペンタエン酸は、血液中にある中性脂肪やコレステロールを減少させてくれる働きがあります。

 

中性脂肪やコレステロールと言えば、余分なものは蓄積されて体脂肪になります。

 

いわゆる体脂肪の元です。

 

そんな体脂肪の元である中性脂肪やコレステロールを減らしてくれると言うことは、血栓の元を減らしてくれることにもつながり、生活習慣病の予防にも効果的と言われています。

 

血液の流れが良くなると代謝が良くなることにもつながります。

 

また、エイコサペンタエン酸はホルモンバランスを整えてくれる効果があり、生理痛の改善や、更年期障害の改善、美肌効果なども期待できるようです。

 

エイコサペンタエン酸が青魚に多く含まれていると言っても、毎日食べると言うのはなかなか難しいものです。

 

そんな時には、サプリメントが便利です。

 

サプリメントなら持ち歩くこともできますし、いつでも手軽に飲むことができます。

 

サプリメントを飲んだからといって体脂肪が減るわけではありませんが、毎日の食生活や適度な運動に取り入れて、効果的に体脂肪を減らすことは可能です。

 

体脂肪を減らすことができる成分を上手に取り入れて、体脂肪率を下げて健康でスリムな体を手に入れたいですね。