体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

防已黄耆湯と体脂肪率の関係

 

内臓脂肪と皮下脂肪である体脂肪。

 

その体脂肪が体に対してどれくらい付いているかと言うのが体脂肪率です。

 

体脂肪率は低過ぎても体温調節ができないなど、体に悪影響が出てきますが、多過ぎるのも色々な病気の原因となってしまうので、適正値を保つようにしたいものです。

 

体脂肪率を下げる方法はいくつかありますが、そのサポートをするものとして、漢方薬が効果的と言われています。

 

肥満にも種類があり、その種類によって効果的な漢方薬が違います。

 

肥満のタイプには固太りと水太りがあり、むくみやすい水太りタイプに効果的な漢方薬が防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)です。

 

防已黄耆湯は、防已、黄耆、朮、生姜、大棗、甘草から構成されており、むくみ解消に効果的な漢方薬です。

 

防已黄耆湯は、肥満症、多汗症、むくみ、関節炎などに効果的な漢方薬で、食前か食間の空腹時に飲みます。

 

漢方薬と言うのは、2千年以上前に中国で生まれたものです。

 

それが日本にも伝わり、日本で独自に発展しています。

 

漢方薬は体の調子を整えてくれる効果があるのですが、一人一人の症状に合わせた物を服用することで効果を発揮します。

 

漢方薬にはドラックストアなどでも手軽に買える物もありますが、病院や漢方専門の薬局などで、自分に合ったものを処方してもらうこともできます。

 

飲み合わせや、体に優しい漢方薬でも多少の副作用が有る場合もあるので、心配な人は病院で相談して処方してもらいましょう。