体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

体脂肪計とは?

 

メタボリック症候群がよく知られるようになったのと同時に、体脂肪と言う言葉も急速に広まりました。

 

体脂肪とは体についている内臓脂肪や皮下脂肪のことで、体脂肪計は、その体脂肪がどれだけ体に付いているかと言うのを測ることができます。

 

最近は見た目がスリムでも内臓脂肪がたっぷりついている隠れ肥満が増加しているようです。

 

皮下脂肪は目に見える脂肪なのですが、内臓脂肪と言うのは体内についている脂肪なので見ることはできません。

 

ですから、体重が軽くても実は内臓脂肪がたっぷりなんてこともあるのです。

 

しかし、体脂肪計があれば、自分にどれだけ体脂肪が付いているかと言うことがわかるので、ダイエットをする時の目安になるでしょう。

 

ダイエットをするとなると、体重を減らすことばかりを考えててしまいますが、実は体重よりも体脂肪を減らすことが大切だったのです。

 

体脂肪計は、体重計についているものが販売されてからかなり普及し、家でも簡単に体脂肪率を測ることができるようになりました。

 

体脂肪計には、身長、体重、年齢、性別などを入力します。

 

体重計に体脂肪率計測機能がついているものは、体重を入力する必要はないですね。

 

必要項目を入力して体脂肪計の上に立つことで、微弱な電流が体を通り、体脂肪率を計測します。

 

体脂肪率は電流を使って測定するので、体の水分量や測る時間帯などによって誤差が出やすくなります。

 

ですから、体脂肪率をしっかりと測りたい時には、注意点を守り、同じ時間帯に測ることがオススメです。