体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

体脂肪計で体脂肪率がわかる仕組み

 

体脂肪率が高いと生活習慣病などの原因になるとして、体脂肪と言う言葉が注目されるようになりました。

 

体脂肪率を出すには、身長や体重から計算することもできますが、体脂肪計が普及し、誰でも簡単に体脂肪率が測れるようになりました。

 

体脂肪率を測るだけの体脂肪計もありますが、体重計に体脂肪計がついているものがあり、家で簡単に体脂肪率が測れるようになりました。

 

それにしても、ただ乗ったり手で握ったりするだけで、どうして体脂肪率が測れるのか不思議に思いませんか?

 

体脂肪計で体脂肪率がわかる仕組みは電流です。

 

体に微弱の電流を流すことにより、体脂肪の量を測定するのです。

 

水や筋肉は電流を通しやすいのですが、脂肪は電流を通しにくいので、電流がどれくらい通ってどれくらい通らなかったのかと言うことで、体脂肪率を出しているのです。

 

体脂肪率を測るには水分量などが大きく関係してくるので、水分をたっぷりと摂った後や、激しいスポーツをした後、食後、お風呂上りやサウナ上がりなどは、正しい体脂肪率を計測できないので、正しい方法で体脂肪率を測るようにしましょう。

 

そして、できるだけ同じタイミング、同じ条件で測ることが大切です。

 

また、電流を通すので、ペースメーカーなどを使用している人は、体脂肪計を使わない方がいいようです。

 

体脂肪率の適正値は、性別や年齢によって違います。

 

自分の適正値を知り、正しく体脂肪率を測って適正値を保つように心がけましょう。