体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

体脂肪計を使う時の注意点

 

体脂肪率の適正値は、性別や年齢によって違いますが、適正値より体脂肪が多くなってしまうと、生活習慣病などの危険性が高まります。

 

正しく体脂肪率を測って、体脂肪率を適正に保つように心がけましょう。

 

体脂肪と言うのは体重のように簡単に変化するものではありません。

 

しかし、測るたびに体脂肪率がころころ変わると感じたことはありませんか?

 

それは、正確な体脂肪率を測れていないのかもしれません。

 

体脂肪計に乗ることで微弱の電流を流し、電気抵抗で体脂肪率を計測します。

 

直接脂肪を測っているわけではないので、色々なことで誤差が生じます。

 

体脂肪率を正しく測るためには、いくつか注意点があります。

 

まずは、電気は水分の影響を受けやすいので、お風呂上りや、激しい運動の後、脱水症状やむくみの症状があると、正しい計測ができません。

 

測定前には、排尿排便を済ませ、お風呂上りや運動直後の測定は避けましょう。

 

足が濡れていたり汚れている場合にも正しく計測することができないので、足の裏は綺麗な状態で計測するようにしましょう。

 

また、食後2時間以上は空けてから計測しましょう。

 

低体温だったり、風邪で発熱している時も正しく計測できないことが多いので避けるようにしましょう。

 

そして、タイミングによっても体脂肪率は変化します。

 

正確な自分の体脂肪率の変化を知りたいのなら、毎日できるだけ同じ条件で体脂肪率を計測するようにしましょう。