体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

手で持つタイプの体脂肪計と乗って量るタイプの体脂肪計の違いとは?

 

体脂肪と言う言葉は聞いた事がないと言う人がいないくらい、よく知られるようになりました。

 

体脂肪は体についている内臓脂肪や皮下脂肪のことで、体脂肪率と言うのは、体に対してどれ位の脂肪が付いているかと言う割合になります。

 

最近は体脂肪計を使って、家でも簡単に体脂肪率が測れるようになりました。

 

体脂肪計と言っても、2種類に分けることができます。

 

それは、手で持つタイプの体脂肪計と、乗って測るタイプの体脂肪計です。

 

どちらも微弱の電流を体に流して体脂肪率を計測すると言うのに違いはありません。

 

筋肉や水分は電流が通りやすいのですが、脂肪は電流を通しにくいので、それで体脂肪率を測るのです。

 

手で持つタイプの体脂肪計と、乗るタイプの体脂肪計は何が違うのかと言うと、体重を測ることができるかできないかです。

 

乗るタイプの体脂肪計は、体重計の機能もあるので、体脂肪率と体重の両方を測ることができます。

 

手で持つタイプは、体重も入力しなくてはいけません。

 

手で持つタイプの方が金額的には安いものが多いですが、便利なのは乗るタイプではないでしょうか。

 

また、体脂肪率や体重だけではなく、BMIや筋肉量、基礎代謝量なども測ることができる体組成計と言うものがあります。

 

体脂肪計をこれから買うと言う人は、どちらがいいのか検討してから購入するといいでしょう。