体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

体脂肪計の正確性

 

最近は体重計に体脂肪計がついているものも、手軽な金額で購入できるようになり、家にあると言う人も多いのではないでしょうか?

 

そんな体脂肪計ですが、手軽に測れる分、正確性はどうなのでしょうか。

 

体脂肪計の仕組みは、微弱の電流を流すことにより、脂肪の量を測るのです。

 

ただ、脂肪の量を直接測るわけではないので、正確なのかと言われると実はそうでもありません。

 

体の水分量だったり、電気抵抗によって誤差が出てきます。

 

また、体脂肪計を他のものに変えたら、体脂肪率がかなり違うなんてこともありえるようです。

 

より正確に体脂肪率を測るためには、同じ体脂肪計で測ること、食事の食後や入浴直後、運動直後などは測らないようにしましょう。

 

体脂肪率を測る時は、素手、素足で測り、手足が綺麗な状態で測るようにしましょう。

 

そして、太ももや腕同士がくっついていると電流の流れが変化してしまうので、正しい数値を測ることはできません。

 

正しい数値を測るためには、注意点を守り、いつも同じタイミング、同じ条件で測る必要があります。

 

といってもそれはなかなか難しいことなので、多少の誤差はあると思っておいた方がいいでしょう。

 

大切なのは、体脂肪率の適正値を保つことです。

 

適正値は性別や年齢によって違ってきます。

 

健康のためにも、自分の適正値を知り、その適正値を保つように心がけましょう。