体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

体脂肪率と身長の関係

 

体脂肪率は体重とは色々な関係がありますが、身長とは何か関係があるのでしょうか。

 

体脂肪率と身長は、一見関係がないようですが、実は全く関係がないとは言い切れません。

 

と言うのも、体脂肪率の計算方法に身長が関係してくるからです。

 

体脂肪率を出すには、まずは標準体重を出す必要があります。

 

標準体重は、身長×身長で出だすことができます。

 

この時に気をつけたいのが単位です。

 

センチメートルではなく、メートルで計算しましょう。

 

そして、実際の体重から標準体重を引き、それを標準体重で割り100を掛けます。

 

これで体脂肪率を出すことができるのです。

 

今は自宅でも手軽に体脂肪率を測ることができますが、体脂肪計がなくても、この計算で体脂肪率を出すことが出来ます。

 

体脂肪計でも自分の性別や年齢、身長を入力しますよね。

 

これは、体脂肪の割合を出すためには、その人の体積を出す必要があるためです。

 

このように、体脂肪率と身長は関係があるのです。

 

体脂肪率が高いと、肥満だけではなく生活習慣病の原因ともなるようです。

 

ですから、まずは自分の体脂肪率の適正値を知り、その適正値の範囲内を保つように心がけましょう。

 

男性は内臓脂肪、女性は皮下脂肪が付きやすいと言われています。

 

年齢を重ねるにつれて体脂肪がつきやすくなるので、体脂肪率が上がり過ぎないように食事に気をつけ、運動を取り入れることをオススメします。