体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

体脂肪計の数値に誤差が出るのは何故?

 

最近は体重計に体脂肪計がついているものがあり、家でも簡単に体脂肪率を測ることができるようになりました。

 

ダイエットをする時には、体重よりも体脂肪に注目した方がいいと言う事も、段々と知られるようになってっきたのではないでしょうか。

 

しかし、体脂肪率を家で測ってみると、測る度に数値が変わっていませんか?

 

体重と違い、体脂肪率は簡単に変化するものではないので、誤差が生じているのだと思います。

 

体脂肪計の数値に誤差が出るのはどうしてでしょうか?

 

体脂肪計は微弱の電流を体の流すことで、体脂肪率を計測します。

 

電流を使っているので、体の水分量などで誤差が出やすくなってしまうのです。

 

例えば、激しい運動をして汗をかいた後と、ビールをたっぷり飲んだ後では、体脂肪率が変わってきます。

 

また、お風呂上り直後でも、正しい数値を計測できないと言われています。

 

この他には食事中も水分を摂ることになるので、食事直後の体脂肪率も正確ではありません。

 

体脂肪率の誤差をなくすには、正しい方法で体脂肪率を測ることです。

 

そして、毎日同じ条件で体脂肪率を計測することが大切になります。

 

小さなことに思えますが、足の裏の汚れも体脂肪率の誤差を生みます。

 

体脂肪計に乗る前には、裸足になり、足の裏を綺麗にしてから乗るようにしましょう。

 

排便や排尿も済ませておくことをオススメします。