体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

体脂肪率が高すぎるとどうなりますか?

 

体脂肪率は、メタボリック症候群の検査が健康診断に加えられたことにより注目されるようになりました。

 

体脂肪率には年齢や性別によって適正値があり、その適正値より高くても低くても、体に悪影響を及ぼします。

 

体脂肪率が高すぎると、肥満だと診断されます。

 

また肥満だけではなく、色々な病気の原因となると言われています。

 

例えば、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病を引き起こすと言われています。

 

生活習慣病は、一度発症してしまうと、なかなか完治することがありません。

 

発症すると、一生付き合っていくことになってしまうので、体脂肪率は高くなりすぎないように心がけましょう。

 

体脂肪率を低くするには、有酸素運動が効果的です。

 

また、摂取カロリーが消費カロリーよりも多いことで、体脂肪が蓄積されます。

 

体脂肪率を高くしないために、バランスの良いヘルシーな食事を心がけ、適度な運動を取り入れましょう。

 

筋肉が落ちてくると、基礎代謝が悪くなるので、体脂肪がつきやすくなります。

 

体脂肪率を高くしないために、筋肉を鍛えることも効果的です。

 

肥満になると、見た目だけではなく、体の中が変化してきます。

 

最近は、見た目は細く見えるのに内臓脂肪がたっぷり付いている隠れ肥満と言う人が多いので、自分の体脂肪率はしっかりチェックするようにし、適正値を保つように心がけましょう。