体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

体脂肪率が低すぎるとどうなりますか?

 

体脂肪率は高すぎると肥満だったり、生活習慣病の原因になると言われているので、体脂肪率が高くなりすぎないように気をつけなくてはいけません。

 

体脂肪率には、適正値があります。

 

それは、年齢や性別によって数値が異なります。

 

まずは自分の適正値を知ることから始めましょう。

 

体脂肪率は高いことばかりが問題視されていますが、逆に低すぎると言うのも問題です。

 

というのも、脂肪と言うのは、体の体温を調節したり、体を衝撃から守る働きなどもあるからです。

 

ですから、体脂肪率が低すぎると言うのも体に悪影響を及ぼします。

 

体温が調節できないので、風邪を引きやすかったり、ホルモンバランスも崩れてしまうので、女性だと生理周期が乱れてしまったり、生理が止まってしまうことも考えられます。

 

体脂肪率は、高すぎても低すぎても良くありません。

 

自分の適正値を保つように心がけましょう。

 

体脂肪を増やすには、食べることです。

 

また、病院に相談すれば、食欲を促進してくれる薬などを処方してくれることもあります。

 

自分で調整できない場合には、体調が悪くなる前に病院で相談して見ましょう。

 

スポーツ選手は筋肉が多いので、体脂肪率が低くなることもあります。

 

また、体脂肪計の測り方によって、低くなってしまっていることも考えられます。

 

体脂肪率は、いつも同じタイミングで正しい方法で測るようにしましょう。