体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

体脂肪率が増えているのに体重が減っているのは何故ですか?

 

ダイエットブームの今、色々なダイエットをしている人がいます。

 

ダイエットの種類も本当にたくさんあって、どの方法が効果的なのか迷ってしまいます。

 

ダイエットをする時、何を重要としていますか?

 

体重を減らすことばかりを考えていませんか?

 

体重と言うのは、割と簡単に減ったり増えたりします。

 

しかし、ダイエットをする時に大切なのは体脂肪率です。

 

体脂肪率は、体に対してどれくらいの体脂肪がついているかの割合になります。

 

いくら体重が少なくなっても、体脂肪が多ければ、体脂肪率も高くなり、肥満と診断されます。

 

また、体に悪影響も及ぼします。

 

ダイエットをする時には、体脂肪率に注目するようにしたほうがいいようです。

 

体脂肪計と体重計が合わさったものが多いので、それがあるとどちらの変動も見ながらダイエットができます。

 

すると、体重が減っているのに、体脂肪率が増えていると言うことがあります。

 

体重が減ったと言うことは、ダイエットに成功したと思ってしまいますよね。

 

しかし、体脂肪率が増えていると言うことは、体脂肪は減っていません。

 

体重は意外と簡単に増えたり減ったりするのですが、体脂肪率はそんなに簡単に変化しません。

 

体脂肪率と言うのは、体脂肪が体に対してどれくらいついているかの割合ですから、体重が少なくなることで、体脂肪率が高くなったのです。

 

それは、体脂肪が減ったわけではありません。

 

体脂肪率を減らしたいのなら、バランスのよい食事と適度な運動を心がけましょう。