体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

体脂肪率が朝と夜で違うのは何故ですか?

 

体脂肪は、最近よく知られるようになり、体脂肪計が家にある人も多くなっています。

 

自宅でも簡単に体脂肪が測れると言うのは、健康管理のためにいいですね。

 

体重は食事量や水分量で簡単に変化するのですが、体脂肪と言うのは簡単に変化するものではありません。

 

しかし、1日のうち朝と夜に測ると、体脂肪率が違っています。

 

それは、体脂肪率の測り方が関係しています。

 

体脂肪は、体に微弱の電流を流すことで測ります。

 

体の電気抵抗は、1日のうちに変化するので、その影響で体脂肪率が変化するのです。

 

電気抵抗は、水分量でも変化します。

 

水分を摂ったり、汗をかいたりすることで、体の水分量が変わってくるので、体脂肪率もそれによって変化します。

 

1日のうちで変化があっても、体脂肪量が変化したわけではありません。

 

正しい体脂肪率を測って変化を比較するには、正しい方法で体脂肪率を測り、測るタイミングや条件も毎日同じにする必要があります。

 

しかし、それは無理なことなので、正しい方法でできるだけ同じ条件で体脂肪率を測るようにし、体脂肪率を比較するといいでしょう。

 

時間帯だけでも同じにするといいですね。

 

体脂肪は多すぎても少なすぎても体に悪影響を及ぼします。

 

体脂肪率には適正範囲があるので、自分の適正範囲を知り、健康のためには、適正範囲を保つように心がけましょう。