体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

腹筋を割るには体脂肪率を何パーセントにすればいいですか?

 

腹筋を割りたいと思う人は、特に男性には多いでしょう。

 

腹筋が引き締まり割れていると、男らしいと感じる女性も多いはずです。

 

腹筋を割るには、腹直筋と言われる筋肉を鍛える必要があります。

 

しかし、いくら腹直筋を鍛えても脂肪がついていると腹筋そのものが見えなくなってしまい、割れている部分が見えないのです。

 

ですから、腹筋を割るには体脂肪率を減らすことも大切です。

 

腹筋を割るには、体脂肪率を15%くらいにするのが目安と言われています。

 

しかし、体脂肪率が15%では腹筋がうっすらと見えてくるくらいなので、しっかりと割るには10%ぐらいまで体脂肪率を落とす必要があるようです。

 

体脂肪率を落とすには、やはり有酸素運動が効果的です。

 

有酸素運動は、脂肪をエネルギーとして消費してくれるからです。

 

しかし、基礎代謝が低いと有酸素運動をしても効率が悪いので、基礎代謝量をアップさせましょう。

 

基礎代謝量をアップさせるためには、筋肉を鍛える必要があります。

 

有酸素運動だけではなく、筋トレも取り入れましょう。

 

そうすることで、基礎代謝が高まり体脂肪率が下がりやすくなり、割れた腹筋が見えてきます。

 

ちなみに、腹筋を鍛えるためには、強度よりも腹筋運動の量を増やしたほうがいいようです。

 

効率よく鍛えるには、ある程度の負荷も必要です。

 

効率のよいトレーニング方法で、腹筋が割れるように頑張ってみましょう。