体脂肪率を効果的に下げる食事法と運動法

食事制限をすれば体脂肪率を下げることはできますか?

 

ダイエットをすると、体重を減らすことばかりを考えてしまいますが、重要なのは体脂肪を減らすことです。

 

体脂肪とは内臓脂肪と皮下脂肪のことで、体脂肪率は体にどれだけの脂肪が付いているかと言う割合になります。

 

体脂肪率は、30%以上になると肥満と言われます。

 

肥満になると、生活習慣病の原因ともなってしまうため、体脂肪率は適正値を保ちたいですね。

 

体脂肪率を減らすには、バランスの良い食事と適度な運動が良いとされていますが、食事制限だけで体脂肪率を下げることができるのでしょうか。

 

体脂肪は摂取カロリーよりも消費カロリーが少ないと、余ったカロリーが蓄積され体脂肪となります。

 

ですから、摂取カロリーを減らせば体脂肪が増えないわけですから、体脂肪率が下がりそうですね。

 

しかし、食事制限だけをしていると、筋肉が落ち、基礎代謝が落ちてしまいます。

 

基礎代謝が落ちると、体脂肪を消費しにくくなってしまうので、食事を制限しても、なかなか体脂肪が減らなくなります。

 

また、体脂肪を減らすには、有酸素運動が効果的です。

 

有酸素運動をしようとしなくても、電車などで通っている通勤や通学を、徒歩や自転車に変えるだけでも効果はあるでしょう。

 

代謝を上げるには、筋トレが効果的です。

 

筋トレも取り入れて、体脂肪を減らしやすい体を作ってあげましょう。